FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強引な売り込みセールスをすることなく高額商品が売れるようになる!ハイポジショニングセールスシステム構築セット

031f6d82-88af-4c1c-be2b-bed21ad1ac79.png
商品の詳細はコチラ

「自分にはセールスは向かない…」「いつも検討しますと言われて終わってしまう…」
「営業経験がないから売り方がわからない…」そんな悩みを持つ個人起業家の方へ…



7年程前、私はベンチャーのウェブ制作会社で営業をしていました。
しかし、全く売ることができず、いつも上司から罵倒されてばかり。

 

もう無理、限界、鬱になるかも、、、

 

それは、月末の朝礼でのこと。事務所の壁に貼りだされた私の契約獲得数を上司が何も言わず指差しました。1ヶ月間必死で頑張ってきたのですが今月も契約はゼロ。そんな状態が3ヶ月続いていました。

 

同僚たちはどんどん契約を取ってきていたんです。中にはたった2回の訪問で150万円くらいの契約を受注する人もいました。

 

しかし、私はお客さんと仲良くなるのですが、何度訪問しても「検討します」「税理士に相談します」などと言われて結局契約を取ることができませんでした。

 

なぜ、自分だけ売ることができないのかわからない…

 

営業研修に行っても、成績は上がらず…

 

みかねた上司がある営業研修に参加させてくれました。そこでは、「お客さんのタイプに合わせた営業トーク」「説得力が上がるプレゼン資料の作成方法」「即決するために大事なクロージングテクニック」などを教えてもらったんです。

 

教えてもらったことは頭では理解できました。しかし、いざ見込み客との面談で使おうとすると全く実践することができず、できない自分にイライラするばかり…

 

もちろん、営業成績も上がらず、入社して2年間は上司に同行してもらってなんとか契約を取っているような状況でした。できる同僚はすでに役職がついているのに、ほんとに情けなかったです。

 

「もう無理、辞めたい、、、」

 

せっかく行かせてもらった営業研修も無駄にしてしまいました。次第に「営業は自分には向いていない」と思うようになりました。

 

さらには、自分は人から嫌われるような性格なんじゃないか… だから売れないんじゃないかと疑心暗鬼になってしまいました。

 

会社に行きたくなくなり、朝もだんだん起きられなくなっていました。頭の中は会社を辞めることばかり。顔色も悪くなり、同僚からも「会社を辞める日が近いな」という目で見られていたと思います。(今振り返ると、本当に心身とも弱っていました。)

 

そして「すぐにでも会社を辞めたい」「3ヶ月は失業保険があるから大丈夫。ゆっくり仕事を探そう」などと考えるようになっていました。

 

「なんとしても、売れるようになりたい…」

 

しかし、会社を辞める踏ん切りはつきませんでした。実は、その時私にはどうしても結婚したいと思っていた彼女がいたのです。さすがに無職ではプロポーズできませんよね。

 

心を入れ替えてこう思うようになりました。

「ここで、逃げるわけにはいかない。なんとしても、売れるようになってやる。」

 

そんな時、たまたまインターネットで見つけたのが、ダン・ケネディの本でした。日本での知名度はまだまだ低いためご存じないかもしれませんが、ダン・ケネディはアメリカで有名なマーケティングコンサルタントです。世界一報酬が高いセールスコピーライターとしても知られています。

 

ダン・ケネディの本には私が教わってきた営業とは、全く異なる内容が書かれていました。「こんな方法があったのか、自分にできるかわからないがダメ元でやってみよう」そう考え、自分なりに実践してみました。

 

ある方法を行うことで、少しずつ営業成績が向上

 

ダン・ケネディの本に書いてあったある方法を自分なりに解釈して実践してみました。同僚からは少し変わったことをやっているように見えたかもしれません。

 

もちろん、上司の営業スタイルと異なっていました。最初は「そんな方法うまくいくはずない。すぐにやめろ」と言われていました。しかし、少しずつ売れるようになり、文句を言われることは少なくなっていきました。

 

着実に契約数は伸びていきました。もちろん、社内での評価も上がっていきました。つい最近まで上司から罵倒されていた頃のことが嘘のようでした。売れていれば何も言われません。営業の世界は結果が全てであることを改めて実感しました。

 

ついに昇進して部下を持つようになりました。部下たちにも私が実践してきた方法を教えたため、私のチームだけが他のチームと全く異なるスタイルで営業を行っていました。

 

市場の成熟とともに扱っていた商品が売りづらくなっていたこともあり、他のチームの営業成績は目に見えて落ちていっていました。

 

しかし、私のチームは逆に営業成績を伸ばしていたんです。これには自分でも驚きました。

 

ついには、憧れの社長賞も受賞することができたんです。2年前の私の状態からは考えられない快挙でした。


商品の詳細はコチラ


スポンサーサイト

コメント

Secret

カウンター
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。